“Boys & Girls, Girls, Girls”ができるまで~第1話~

2020/03/15
オガサワラヒロユキ

4/15(水)[大阪]扇町para-dice
para-dice 11th Anniversary “Up to eleven”
オガサワラヒロユキ “Boys & Girls, Girls, Girls” Release Party
OPEN 19:00 / START 19:30
ADV. 2000yen / DOOR 2000yen
w/103CA, みなとまり(shiba in car), Mee float

→延期しました

と言うわけで、今年もpara-diceの周年の1日を頂きまして。今年はレコ発。
“Boys & Girls, Girls, Girls”と言う、浜崎あゆみとMotley Crueを足して2で割ったようなタイトルの音源を出します。

そこで、この音源がどういうもので、どうやってできたのかを綴っていこうと思います。是非ともお付き合い下さい。まず、Boys & Girls, Girls, Girlsとは・・・

Boys & Girls, Girls, Girls/オガサワラヒロユキ
01. Boys & Girls feat.Mee Float mixed by 玉田和平(ANYO/the sankhwa)
02. Boys & Girls feat.SATO(ビバ☆シェリー) mixed by TR-508
03. Boys & Girls feat.ミキロニ mixed by 宮 一敬(music studio hanamauii)
04. Boys & Girls feat.103CA mixed by 荻野真也
05. Boys & Girls feat.永末かをる mixed by 森下徹(谷町レコード)
06. Boys & Girls feat.モテギスミス mixed by 岩田純也(triple time studio)
07. Boys & Girls feat.日高舞 mixed by 岡茂毅
08. Boys & Girls feat.ユピトーク mixed by 大瀬良徳彦
09. Boys & Girls feat.みなとまり(shiba in car) mixed by 野村智仁(Mothership Studio)
10. Boys & Girls feat.ヨヲコヲヨ mixed by 高原裕介(Think Sync Integral)

つまり、”Boys & Girls”と言うひとつの曲を、異なる女性ボーカルをフィーチャリングして、しかも1曲毎にミックスするエンジニアさんを違えている、とそういう音源です。(女性ボーカル以外の素材はすべて同じ)頭の中が?でいっぱいになったかもしれませんが・・・。

次回は”Boys & Girls”と言う曲についてお話ししましょう。